知って納得!LEDのメリットとLED照明が向いている場所

LEDのメリットを知ろう

LED照明は、今では幅広く使われる光源となってきました。LEDのメリットの一つは、その寿命の長さです。今まで使用されてきた白熱電球や蛍光灯に比べて圧倒的に寿命が長く、白熱電球の40倍、蛍光灯の4倍から5倍といわれています。また、消費電力が少ないこともメリットの一つです。要する電力は白熱灯電球の6分の1程度とされているので、家の照明をLEDに替えることで電気代を抑え、長期的な節電効果を期待することができます。そして、LEDは二酸化炭素の放出量が少ないため、地球環境への配慮という面でも利点があります。

LED照明はどんなところで使えるか

LED照明は、今では幅広い用途で使用されていますが、中でも街路灯として多く採用されています。360度照らすことができる白熱電球と違い、LED照明は前方を照らすタイプのものがあるため、効率よく必要な部分を照らすことができるからです。また、お店の看板などを照らすライトとしても使用されています。LED照明は紫外線量が少なく、防虫効果が期待できるからです。

また、家庭や屋内では高い場所にある照明にLEDを採用することで、メンテナンスの手間を抑えることができます。人感センサー機能を付与したLED照明は、人の気配を察知してライトが自動的に点灯するため、LEDの節電効果にプラスして無駄な電気代を抑えることができます。そして、LED照明は白熱電球などと比べて明るさがないため、間接照明として取り入れたり、書斎や寝室などの手元を照らす光源として使用するのに向いています。

LEDライトパネルとは、側面にLEDチップを配置して表面を光らせているパネルのことです。画面全体を均一にライトアップすることができるため視認性も高く、イメージをより目立たせやすくなります。