製図作成の効率化・自動化が期待できる!CADについて解説

設計支援ツール「CAD」の概要

「CAD」とは、コンピュータを用いて設計作業が出来るツールのことで「コンピュータ支援設計」とも呼ばれます。製図の作成・管理といった設計作業をコンピュータで行うことで、人の手で行っていた煩瑣な業務を効率化することが可能です。CADには様々な種類があり、従来と同じ2D製図を得意とするソフトや、製造業や建築業など特定の業種で使用する専用ソフトなどがあります。さらに、3Dモデルの作成といった高度な設計が可能なソフトもあり、手書き製図では難しい作業を行うことができます。

CADによって製図作成を簡略化出来る

CADを使えばイラストソフトのような簡単操作で直線・図形を作成することができます。定規や分度器といった道具を使う必要がなく、コンピュータ一台で製図を書けるので面倒な手作業を簡略化できます。なお、3DCADの場合は3Dモデルを2次元図面に投影することができ、その逆の操作を行うことも可能です。立体形状が図面が紐付けられているので、3Dモデルの更新を行えば図面に反映されるので、進行状況によっては製図と3Dモデルの作成を両立することもできます。

CAD導入によるメリットは製図の効率化だけではない

CAD導入のメリットは、ただ製図を書きやすくなるだけではありません。例えば、CADを使えば設計変更にすぐ対応できるので、箇所の削除・修正・追加といった更新作業の時間を短縮化できます。さらにCADで作成した図面データは電子ファイルなので、コンピュータで一元管理することが可能になるほか、他社との受け渡し・共有がしやすくなるといったメリットもあります。

水道CADは、水回りのリフォーム工事を専門に扱う業者を中心にニーズが高まっており、サービスの向上につながっています。